ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ず~っと前に、興味本位で買ったOC-2。バイパス回路の実験台にされたりと不遇な扱いを受けてきましたが、ついにモディファイを加えられて蘇る時がやって参りました!

Charの演奏に影響を受けてか知らんけど、ついつい欲しくなってしまったオクターバー。でも実際手元にあって使う機会があるかっていうと、まずそう滅多にないですよ。ただ、オクターバーにはオクターバーにしか出せない音があるわけで、必要なヒトには絶対外せないんでしょう。

さて、OC-2。もうとっくに廃盤商品なんですが、コレを使い続けてる人が結構いるみたいですね。ロゴが「Octaver」ってなってるヤツはプレミアついてるらしいです。そいつはオペアンプがTL022になってるんだけど、俺の持ってるやつはSharpのIR9022とゆーのが載ってます。

oc-2_inside2.jpg


で、オクターバーの性能で重要なのは追従性。弾いた音にきちんとオクターブ下が合わさって鳴るかどうか。しっかり鳴らすには、はっきりした波形を送り込まなければいけません。そこで音声信号の通るトコの部品にはちょっといいものを突っ込みます。
oc2_inside1.jpg

といっても物凄くイイものではないです。モディファイでよく使われるAVXのコンデンサ、ニチコン・ファインゴールドなど。抵抗はカーボンコンポジションにしました。

それから初段のオペアンプ部分の定数を色々といじって、太い音が送られるようにします(追従性アップのため)。オリジナルに比べ、ちょっとゲインが上がっちゃいましたが、ま、追従性が上がればいいでしょ。

oc-2_inside3.jpg

バイパス回路を組み込みます。最近は慣れたもので、だいぶスッキリとまとめられるようになってきましたねー。

oc-2_led.jpg

LEDはお約束♪
で、肝心の音はというと、オリジナルよりだいぶ追従性が上がりました。それから、オクターブサウンドを出さず、原音の音量だけアップさせるとブースターとしても使えそうな感じです。

サンプルサウンド

オクターバーをかけた音

前半ノンエフェクト・後半ブーストサウンド

e_02.gif ココを激しくクリック♪

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。