ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


distplus.jpg

スズキさんより一挙に3点送られたペダル達。
計画を立てる上でも、やっぱ脱がせてみないことにゃ、
どっから攻めてヨイか分からんチン。

とゆーわけで、まずはディストーション+を脱がせてみたよん。
最近のジムダンとかMXRの基板って、両面使ってるでしょう。
これ、ハンダ取るの面倒なんすよねー。綺麗にハンダ取るには、一回吸い取ったあと、もう一度ハンダを盛るんですよ。んで、もう一度吸い取る。一発だとうまくイカないんですわ。ま、マメ知識とゆーことで。で、どんなマメ?

gediode.jpg

さて、そんなディストーション+のクリッピングには、ゲルマニウムダイオードが使われてました。なんか取り外そうとしたら熱でイっちゃいそうな感じ。クリッピングは変えずにいったほうがよろしいか。

予定としてトーンコントロールをつけようかと思った矢先、ディストーションIIIが出るそうで。ソレにはトーンコントロールがついてるそうで。なんだよー面白くねぇなぁ。というわけで、コレはちょっと思案中。ちなみに音を出してみたら、かなりハイが出てて、ちょっと軽い感じ。歪みすぎたオーバードライブってトコですか。

rat2.jpg

次に脱がせてみたのがRAT2。
LEDがついてるのがRAT2。クリッパはシリコンで豊胸。
オペアンプをOP07にするのがド定番ですね。幸い手元にもありますわ。
低域のモコモコ感を減らしてバストアップですよ。
んでもド定番のモディファイをしてもねぇ。俺らしくないっしょ!?
というわけで、フォトカプラなんぞ用意してみたりして。ピッキングに対する反応を、ちょっと感度アップでイヤンって感じを予定してます。
ついでにミドルのパライコ的なものも追加して、ウエストのくびれも演出してみよっか、みたいなのも狙ってたり。
全然伝わりませんか?
そうっすか。
詳しくは今月のプレイボーイ69ページをご参照下さい。

varischem.jpg

さーそんじゃそろそろマジメな作業の話。
VariWahの回路図起こしに3日程費やしていたのですよ、ココのトコ。
先週の確定申告→週末風邪をおして練習4時間→回路図起こしの三段活用でちょっと現実逃避気味なんすよ。なにがヘビーって、風邪なのに4時間歌ってたのがダメなんすけどね(笑)
そうそう、回路図起こしですよ。
印刷した基板の写真に、実物を見ながらパーツを書き込んでいくんですわ。で、それが終わったら、電源とアースの通り道をチェック。その後信号の通り道をたどって回路図にします。
varischem1.jpg

メイン基板の回路図。基本はフツーのワウと同じような構造なんすけど、フツーのワウがポットでフリーケンシーを調節する所、このワウはどうやらフォトカプラで調節するみたいなんですよ。だもんで、ペダルについてるポットはコントロール信号の制御にだけ使ってるんですねー。
varischem2.jpg

サブ基板の①。基板上に設置されたポットで各種コントロール信号を作るトコです。ジャンパーだらけで、基板の大きさの割りに回路は簡単でした。
varischem3.jpg

サブ基板の②。サブ基板のキモはなにかっつーと、ロータリースイッチでCMOS2つをコントロールして、ペダルで何のパラメータを調節させるかを選択するトコ。ロータリースイッチにつながるダイオードが多くてキモチ悪いです。

まーそんなこんなで分析の結果、ドコをどう責めたら感じちゃうか、おじさんにはもう全部分かっちゃったからね♪うふふふふふ
スポンサーサイト


さいとうさん、こんにちは。

むちゃくちゃわくわくしています。

ディストーションプラスのクリッピングダイオードってやっぱりゲルマですよね。
私には知識がないのでガラスっぽくて太いのでゲルマかなって、
何の根拠もなく思っていたのですが、以前自作したときに、拾った回路図には
1N4148って書いてあったので、不思議に思いつつその通りに作ったんですよ。
途中でシリコンからゲルマに代わったんですかね。
【2007/03/22 11:50】 URL | スズキ #-[ 編集]
なんか筆記体の復刻版が出た頃からはゲルマになってるみたいですけどね。その前のはシリコンです。まぁせっかくなんでそのまま残す方向で考えてはいます。
【2007/03/23 15:10】 URL | さいとう #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。