ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vari_opt.jpg

なんか久々の更新っすね。
新年度になってから何かと忙しいんすよ、ホント。
本業の方が目標に行ってませんで、一生懸命なんすよ、ホント。
だもんで、ちょっとココの所回路とにらめっこで、作業の方は
あんまり進まなかったんですわ。申し訳なし。

さて、スズキさんからのリクエストが

①ポットの可変域を調整できるようにしたい
②スウェルワウがLFOで変化するのを、もっとランダムに変化させたい
③オートワウのアップ・ダウンが切り替えられるようにしたい

とゆーものでした。
まぁどれもやってやれないモノではないっすね。
ただ、なにしろ部品点数が多くて、回路図一応作ったんすけど、
どこになにを突っ込んだらいいか、ボクちん若葉マークだから、
間違って変なトコ突っ込んで目覚めちゃったらどうしよう、みたいな
不安があるわけですよ。ってか既に目覚めてるんすけどね(笑)

で、まず②のランダムな変化とゆーヤツからヤってきましょうか。
最初の写真のように、ワウ自体はインダクタを使った、Crybaby的な
回路になってるんですが、ペダルのポットで直接操作するわけじゃ
ないんですよ。ペダルのポットではコントロール信号を操作していて、
どうやら写真に写ってるフォトカプラを使ってコントロールしてる
ようなんですわ。
ということは、フォトカプラのLEDを光らせるトコにサンプル&ホールド
を突っ込んでやればランダムな変化が生まれるんじゃないかと。

とゆーわけで、サンプル&ホールド周りのユニットを製作ですわ。
vari_sample_hold.jpg

前にcolor sound wahをいじらせてもらった時にサンプル&ホールド回路
を勉強させてもらったんで、ユニット製作自体は別に問題なく。
作ってあった回路図通りですね。まだポットつけてませんが。
このユニット内に、「ノイズジェネレータ」「クロックジェネレータ」
「サンプル&ホールド」などといったものが全部ブチ込んであります。
ココからコントロール信号を取り出して、オートワウに組み合わせれば
完成ですな。

そいから①のポットの可変域の調節なんすけど、ポットの前後にポットを入れてやろうかなーと思ってマッス。3Pっすね。どっちみちただの
コントロール信号しか通ってないんで、ちっとくらい部品増えても関係
ないっしょ。多分(笑)

あと③のアップ・ダウン切替っすねー、大変そうなのは。
オートワウのコントロール回路を見てみると…
ボスのタッチワウの回路が使えるかな~?
コレはちょっと実験してみないと何とも言えませんな。

とまぁそんなトコで本日の作業終了っす。
スポンサーサイト


スウェルワウはLFO2個って感じになるのかなと予想していたのですが、サンプル&ホールドですか、ふむふむ。……いや、ごめんなさい、なんでしょうかソレ。勉強不足でどんな効果なのか想像できませんが楽しみです。
もう、追加基板のテンコモリ状態を見ただけでも、もはやモディファイの域を超えてますよね。テレ朝の住宅リフォーム番組並です。

でも月末のライブや仕事に障らないようにしてくださいね。
【2007/04/13 18:19】 URL | スズキ #-[ 編集]
LFOニ個組み合わせてってのもいいかもしれませんねー。
サンプル&ホールドは、前にモディファイしたカラーサウンドワウのトコで音源アップしてあったかな?と思います。

そーそーライブなんすけどね、このページ見てる静岡の方ってどの位いらっしゃるんでしょうね?そういう方々にぜひライブ来て欲しいっす!
【2007/04/13 21:52】 URL | さいとう #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。