ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8412

今回はベルデンの8412を使ってパッチケーブルを作ります。ベルデン8412は2芯構造になっているので、2本とも+にして耐久性をアップさせたり、1本をアースにして方向性を持たせノイズに強くすることもできます。オレは最近ストラト派なんで、ノイズ対策に方向性を持たせて作ってます。

wah

まず外皮をむいて中身を出します。この写真はギター側にくる方。2芯あるうち、黒を+として、白をアースにします。白の方は後でシールド線と混ぜてしまうんで、根元の辺りから皮をむきます。

NEC_0045.jpg

で、このようにシールド線と白をよりあわせておいてハンダ付けします。

microamp

こちらはアンプ側。外皮をむいて、さらにシールド線も丁寧に切り取ります。露出するのは中の芯だけって状態です。シールド線が残っててショートするとノイズ対策の意味がないので綺麗に取り除きます。取り除いたらハンダ付けして完成。

ところでオレは、昔はそれほどケーブルにお金をかけてませんでした。特にパッチケーブルなんかはワゴンに積んであるようなヤツを適当に使ってました。でもクオリティの高いケーブル使ってビックリ!音の曇りがなくなって、分離がすごく良くなりました。まぁその分ごまかしは効かなくなって、ずいぶん下手になった気がしたんだけど。ということで、今はケーブルは全部ベルデン8412に統一してます。音質と値段を天秤にかけるとこれがベストかなーと。もちろんもっとお金をかけたケーブルもあるんですけど、出費の割りに微妙な違い、みたいな感じで。

そうそう、ケーブルは全部同じものに統一した方がいいですよー。ケーブルってアクティブじゃぁないんで、通せば必ずどっかの帯域にロスが出る。その帯域ってケーブルの種類によってまちまちだから、ケーブルがバラバラだとあっちこっちの帯域にロスが出て、信号がデコボコになっちゃう訳ですよ。これが同じケーブルなら、ロスが出る帯域が決まってくるんで、補正するにもラクちんなんですねぇ。

e_02.gif 読んだら押してね!ブログランキング♪

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。