ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ADULTDSC01124.jpg

プロギタリスト、伊藤浩紀さんにお願いしまして、ADULTRONIXのレビューをして頂きました!
伊藤さんはNHKの番組や、超有名ミュージシャンのバックでギターを演奏されてます。
また伊藤さんがメインとなってやられているWiwilaというユニットもナイスですよ!

さて、それでは伊藤さんにレビューをしていただきます。

(以下伊藤さんのレビュー ご本人の文章をそのまま掲載させていただきます)

今回、初のエフェクターのレビューをすることになりました。
その商品とは SOUL POWER INSTRUMENTSの「ADULTRONIX」
いわゆる歪み箱(ディストーションペダル)です。
あくまでも個人的な主観と趣味からの内容でありますがどうかご了承くださいませ。
今回の使用ギターですが複数の方がこのペダルのレビューを主にシングルP.Uでチェックされている様なので、いつもメインで使っているCOMBAT/ST-WARM(ハムバッカーP.U)でチェックを行いました。


では早速デザインから見ていきましょう。
第一印象は一見「大人しそうな印象」でしたが、よく見ると...んっ?女性の顔が...
途端に「通好みな印象」に変わってしまいました。
赤く奇麗なLEDもGOOD。ジャックの位置は両サイドのちょうど真ん中に位置してあり
外部パワーサプライなどからの電源取り口はインプットジャック側の右下部分にあります。
電源取り口が本体上部にある仕様のものだとエフェクトボードにタイトに組み込む際に意外と邪魔になる場合があるのでこの位置は個人的にもうれしい。
次にスィッチですがなぜか通常の物より若干上の方に位置しているように見えます。
実は実際そんな事ないのですがどうやら本体表面のステッカーの下にデザイン的な?余白が私に錯覚を起こさせている様です。
(スィッチを踏むときにツマミ部分に足が触れてセッティングが変わってしまいそうな気になってしまいます。一般の方は大丈夫でしょうが、個人的にはこういうの気になってしまうのです。)


本体仕様は
GRFED=VOLUME
VOICE=TONE
INTENSITY=GAIN
EDGE=プレゼンススィッチ
通常のディストーションペダルとほとんど変わりないので、ネーミングに慣れさえすれば操作に迷うことは無いでしょう。


ギターをつないでエフェクトをONにしてみました。
まずはGAIN=0 VOL=12時 TONE=12時のセッティングで本体から出るノイズだけを聞いてみます。
他のペダルに比べるとノイズは少ない方です。
(因に私はノイズを聞きながら各ツマミ類をいじってみて、だいたいの音の傾向をチェックしたりします。)
気になったEDGEスィッチも「状況によっては効果が良く分からない場合あり」といった
制作者からのコメントもありましたがどうやら10KHz付近のブーストであろう事がこれで判明。


先ほどの状態で今度は実際にギターを弾いて音色を確かめてみました。
GAIN=0 非常に艶っぽいが音色ですが、それでもかなり歪みます。
但しクリーンブースター的に使うにはちょっと...もう少しゲインを低く設定できれば
もっとナチュラルに軽くアンプをブーストさせた感じになるのでしょうが、ただこれはあくまでも個人の好み。
もともとそういう設計では無いようですし、ギター側のボリュームで調節すればまあ問題はないでしょう。


次にTONEをいじってみます。
私の印象ではセンター(12時)位置よりは若干11時寄りの方が
ニュートラル(ギター本来のTONE)なように聞こえました。
そして全体的なTONEの効き具合は非常にスムーズな印象です。TONEを徐々に上げていっても
耳に痛いところだけが目立って上がるのではなく、いわゆるオケ中で「見えてくる」ところが上がってくる。
単体で気持ちよくてもこの「見えてくる」部分が無いと現場では使えない。
これは非常に大事なことです。
(但し、欲を言えばこのTONEとは別に中域部のコントロールツマミが欲しいと思いました。)


今度はGAINをいじってみます。
GAIN=0から9時に上げたあたりで、まずサウンドが一歩前に出て来る感じになります。
次に9時から12時に上げていくと徐々に密度の濃いより良い感じにDRIVEしていきます。
そしてそれを過ぎた12時の位置以降からは、特に劇的な変化はありませんが
それまでよりもサウンドにコンプレッション感+4X12の様な大型のキャビネットが唸る時に
生じる低音が徐々に足されていく感じが印象としてあります。
低弦を弾いた時のコード感もモアッとした固まりにならず程よく分離されています。
歪み具合も13時位で十分なディストーションが得られますが、
欲を言えばこの状態でもう少しだけサスティンが欲しいと個人的には思えました。
(GAINを上げればサスティーンは出ますが、上げ過ぎるとサウンドの質が若干変わってしますので。)
しかしながら他のメーカーと比べてみても仕事で使える合格ラインは十分クリアしていると思います。


最後にEDGEスィッチですが「隠し味的」に使うものとして使用するのがいいと思います。
当然アンプのセッティングやギターのチョイスもありますが
上手に使えばコードを荒々しく弾いた時でも、すべてのギター弦が聞こえてくるでしょう。
ただし単にギターの音が良く聞こえないからといっていつでもオンにしておくのはどうかと...。
派手な音色変化ではありませんがそれ故のセンスがまさに要求されてしまうスィッチです。


全体の印象として
製作者(齋藤氏)の音に対するまじめな思いとこだわりがストレートに伝わり
いい意味での「ハンドメイドの良さが音に現れている」というそんな感じがしました。
サウンド的にはただの暴れん坊じゃない大人のサウンド。
プロアマ問わずギタリスト皆にまずは試してもらいたいペダルの一つといったところでしょうか。


....ということで私も近いうちに現場で使用することになりそうです。
(以上 伊藤さんによるレビュー)

伊藤さん、ホントありがとうございます!
ぜひまたよろしくお願い致します!
スポンサーサイト


すごい!
さすがわかり易く書かれてますねぇ。
しかも見事に物欲がムズムズするレポですねぇ…
【2008/03/04 21:48】 URL | Bi-Shop #-[ 編集]
GAIN=0 で結構歪むのは、私の要望で歪むようにしてもらった・・からでしょうね。プロトタイプの時は綺麗なクランチでしたから。
今にして思うと、あのクランチも捨てがたかったかなぁと。

0であれくらい、10で今くらいにするのは無いものねだりになっちゃいますかね~。
確かにギターのVol絞ればいい話ですが。
【2008/03/05 00:17】 URL | K森 #-[ 編集]
Bi-Shopさん
ですよねー。俺も一台発注しようかな(笑)

K森さん
ま、一つのペダルでなんでもかんでもってワケにはなかなか行かないですからね。今のままで十分いいペダルに仕上がってると思いますよ!
【2008/03/05 15:28】 URL | さいとう #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。