ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




紆余曲折の末たどり着いたのがこのアンプ。
これも日本では(本国アメリカでも)すっげーマイナーなハンドメイド・アンプビルダーの手によるものです。我ながらよく手に入ったもんだと思うねぇ。

このアンプを手に入れるにあたって、一番考えたのがパワー部をドライブさせたいってコト。とゆ~ことは、あんまり出力の高いアンプではダメ。かといって、あんまり出力が小さくて、マイクで拾ってモニターで返すなんて面倒なことはしたくないんで、それなりにパワーもなけりゃイカン。と考えて、出力30ワット~50ワット辺りで探すことに。

候補に挙がったのは、コレ、レイニーのVC-30、トレイナー、フェンダーのバイブロラックスとデラックスリバーブ、リベラのコンボ、ベッドロックといったトコロ。
で、そこから絞っていったんだけど、最初に脱落がフェンダー。マスターボリュームがないと不便だということと、ホントに音のいいオールドのは高いっていうのもネックでした。
次に脱落がリベラ。リベラさんって最近でこそ激ヘヴィなイメージがあるんだけど、元々フェンダーにいた人なんでフェンダーっぽい音は悪くないんですよ。ただし、2チャンネルあるうちのマーシャルっぽい音の方がよくない。
それからトレイナー。カナダのメーカーで、結構評価高いですよ。作りもオシャレですし。かなり気にはなったんだけど、ちょっと調べたら、中身はフェンダーホットロッドデラックスと大して変わりがないってのが分かって、歪み部分は真空管よりICに頼ってる部分が多いってことなんで却下。

残ったなかでレイニーが一番コンパクト。クラスAで30ワット。音もかなりいいです。Voxにすごく似てます。Voxは音は好きなんだけど見た目がヤだから、これは結構気になりましたね。現行品。
ベッドロックは一番出力が高くて75ワット。でも切替でクラスAとして動かすことができるって情報を手に入れ、なかなかいいかなぁ~と。エアロスミスなんかも一時期ベッドロック使ってましたね。これもVoxライクな音です。ただし、ベッドロックは会社がもうないのかなぁ?新品では手に入りません。
そしてKJL Dirty30。これは名前の通りクラスAで30ワットの出力なんだけど、切替でクラスAB60ワットの出力にするのも可能。で、これもクリーンはVoxっぽいかなぁ~って感じ。で、残った中ではゲインが低い方。一応このKJLってトコは今でもアンプ作ってるみたいなんだけど、多分日本にはほとんど入ってきてないんじゃないかなぁ?ネットで調べてもほとんど日本語の情報が見つかりません。

で、しばらく悩んでて、まぁ現行品の方が便利かなぁ~なんて思ってたところに、駐留米軍のヒトがお国から持ってきてたこのアンプが売りに出されるという情報が!試奏して、即買いでした。ヘッドのみ7万円。アメリカでは新品が999ドルらしいです。キズもほとんどないし、真空管も割りと新しい感じでヘタりなし。かなりレイニーに傾きかけてたんだけど、タイミングがちょうど良かったんだよね。

amp_inside.jpg

内側はこんな感じ。パワー管 : 2x6550 プリ管: 4x12AX7
パワー管の奥にクラスA・クラスABの切替ノブが隠れてます。

amp_ctrl.jpg

コントロール部分。 ゲイン・トレブル・ミッドカット・フリーケンシー、ベース、マスター。フリーケンシーで、ミッドレンジの周波数を切り替えます。ミッドカットはカットとはいうものの、アクティブにブースト・カットを行ってるようです。で、フットスイッチによってブースト・カットをするか、スルーさせるか切り替えることもできるようです。それからオレは使わないから関係ないけど、エフェクトのセンド&リターン端子も前面についてます。これって不便じゃないのかな?

サンプルサウンドは…まぁそのうちアップしますよ。

そうそう、購入した経緯だとかマイナーすぎるってトコで、PSEマークなんか当然ついてないし、ビンテージ除外品目にも載っておりやせん。

e_02.gif 読んだら押してね!ブログランキング♪

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。