ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こう暑いとアレですね、持病が出てきちゃいますね。
俺の持病ってぇのは足の臭さですがね。

さてさて、今回はノックダウン2発。

ノックダウンって言ってもアレっすよ、ヨメにノックダウンされたワケじゃございませんよ。エフェクターのケースを入れ替えましたってぇことで。

まぁ単純にケースを入れ替えるだけってならケースに穴あけて入れ替えりゃイイんすけど、なかなかそう簡単にはイカの金玉でございますな。
HolyDSC02728.jpg

まず最初はエレハモのホーリーグレイル。
デジタルのリバーブですが、結構イイっすよ、これ。
で、サイズAAってぇ大きさのケースに入れ替えたワケなんすけど、塗装とかないとどうにも間抜けな印象でして。そこで前々から考えてたステッカー作りに着手したわけですわ。
今までのステッカーは印刷のみで、正直強度的に弱かったんですが、今回それを克服しまして、強度といい艶といい申し分のない仕上がりになりました。
で、まぁアレコレデザインを考えて作ってみたのが上の写真。
なんかハイライトを連想する色合いになってしまいまして、結局ボツにしたんですけどね。
ま、非常に参考になったということではオッケーですな。

このホーリーグレイルではその他ノイズ対策として、電源周り・配線等をいじってあります。


そいからもう一品。ZOOMのアンプシュミレーター、GM-200のノックダウン。
ケースのサイズ的にはそれ程小さくなるわけじゃないんですが、元々がプラスチックの筐体なので、ノイズ面では多少有利かというコトでやってみました。
zoomDSC02731.jpg

なかなか爽やかな色合いで。実物を見ますと、細いストライプが入っております。
元々のデザインはバックにファンキーな感じで「ZOOM」と入れてたんですが、御依頼主様から
「あの…ズームっぽさをナシに…」
ということであえなくボツに。

で、これはちょっと大変でした。まずポットが基板に直で付いてるんですが、そのままの配置だとフットスイッチがおさまりません。そこでポットを基板から取り外した後、そのポットを取り付ける別の基板をこしらえまして、そんで固定してあります。
そいから、元々は録音用のアンプシュミレーターですから、フットスイッチなんぞ付いておりません。そこでフットスイッチでエフェクターのようにオンオフを切替できるようにしてあります。
そいからそいから、ノブ一個なんだけどマルチなエフェクターが内蔵されてるんですが、それのオンオフもフットスイッチで切り替えられるように工夫してあります。
実際のトコ、これ相当な手間がかかってまして、やり始めてから頂いたお代ではとてもとても割りに合わんぞよと気が付いた次第でゴザイマした(笑)次回から同じののご依頼があったら高く吹っかけよ(笑)

ちなみにネーミングの De-Generator ですが、堕落者製造機みたいな意味でございましょうか。
アメプロ好きなオイラが大好きなグループ、DeGeneration Xからですな。ってワカランか。

ところでこれらノックダウンもののデザインについては、今回オマケで勝手にやらせてもらいました。
次回からは特にご指定がなければデザインはつきませんので、ご希望の方は必ずその旨お伝え下さいまし。
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。