ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1N60.jpg

今回はクリッピングや整流につかうダイオードについて話そうかと思います。

ダイオードっていうのは、簡単に言えば電流を一方通行にする働きがあります。そのため、交流の電流を直流にする所なんかに使われてます。それが整流のためのダイオードです。

また、整流の目的以外にも活用されます。それがクリッピング。一定以上の信号をカットする、という目的に使います。過大入力をさせないように大きな信号をカットするっていう使い方は、目で見えるトコで言うと、アンプの入力ジャックの脇なんかにあるLEDなんかがソレです。でもエフェクターでの使い方では、オーバードライブやディストーションなどの歪んだ音を作るのに役立てます。

1N4001
1N4001.jpg

これは整流の目的でよく使います。電化製品を分解するとよく見かけますねー。普通のヒトはあんまり分解しませんか~。1N4000のシリーズは色々出ていて、数字が大きくなると許容電圧が増えていきます。普通は4001で十分です。

1N914
1N914.jpg

チューブスクリーマーとかそのクローンでよく使われてますね。シリコンダイオードで、クリッピングの超定番です。

1N4148
1N4148.jpg

これもチューブスクリーマーやらなんかでよく使われます。1N914の代わりにします。定番ですね、コレも。

1N60
1N60.jpg

コレはゲルマニウムダイオード。今はシリコンダイオードが主流ですが、昔はゲルマニウムが多かったそうです。ゲルマニウムは温度変化に敏感だそうで、季節によって音が変わったりするというウワサ。そこまで分かりませんが。シリコンに比べて温かい音っていう感じかな。

LED(発光ダイオード)
sensor.jpg

赤いヤツがそれ。光ります。知ってるよね、そんなこたぁ。コレもクリッピングに使います。俺は大好き。シリコンやゲルマニウムに比べてザクザクした歪みになります。ガバナーとかはLEDじゃなかったかな?ケースの中で、人知れず光ってるんですよ~。弾いた強さによって明るさが変わるんで、見てみると面白いです。赤色が一番クリップしやすいです(小さな音でもクリップする)。青色をクリッピングに使うと音が悪くなるっていいますが、色によって確かに音は変わりますよ。(インジケーター用のLEDは音には関係ないですけど)
ちなみにこの画像のは、Ibanezのワウの中にあるLEDです。クリッピングに使うんじゃなくて、光センサーによってワウを操作します。またコンプレッサーなんかでも光センサーのヤツがありますね。

まぁそんなこんなで、ダイオードってのは歪み系には結構重要な役割を果たしてます。MODするにもこのダイオードの交換ってのは定番です。ただ、クリッピングをダイオードでしなくても、ICによっても歪みが生まれるんで、ダイオードを使わないって手もあります。フルトーンの定番フルドライブにも「コンプカット」ってスイッチがついていて、ダイオードの部分をバイパスさせちゃうってことができるようになってます。レビューなんかを見ると、皆さんコンプカットの音をベタ褒めなんで、オレも自作する時には必ずコンプカットができるようにしています。

e_02.gif 読んだら押してね!ブログランキング♪

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。