ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




フェイザー大好きなおいら。スモールストーンもお気に入りなんだけど、ちょっと音量の問題もあって…とゆーことでオリジナルで作っちゃえ!と思っていたところ、バンドメンバーのしんごちゃんもフェイザーを使いたいとのこと。ならば完成させねば…

phase2.jpg

とりあえず色んな部品を試してみたいんで、仮組みしてみました。今回は高級なパーツは使わずに、フツーのエフェクターで使われてるレベルの部品でやってみます。

phase4.jpg

フェイザーってオペアンプたくさん使うんですよねー。とりあえずNJM4558Dを試してみます。が、ちょっとイマイチ。とゆーか、4558って俺あんまり好きじゃないのかも。ほとんど使ったことないですねぇ。とゆーことで、割とお気に入りのTL072CPってぇのを使うことにしました。

matching.jpg

フェイザー製作にはFETのマッチングってのが必要です。日本の工業製品って誤差とか少なそうですけど、実際調べてみるとてんでバラバラなのが分かります。今回は誤差3%を目標にして、20本の中から4本を選びました。この写真は出力を測定してるとこ。
428.jpg

この写真では4.28ってなってますが、低い方だと2.7ぐらいから、高い方だと5ぐらいまで数値に幅がでました。数値が近いもの同士じゃないと深いフェイザー効果が現れないんで、かなり大事です。

phase3.jpg

そうして選んだFETが4個ならんでます。奥に見える銀色の缶みたいなのもオペアンプです。LFOって、フェイジングの周期を決めるのに使ってます。別にこんな缶みたいなのじゃなくてもいいんだけど、なんとなく素敵!って思って使ってみました。

phase6.jpg

ここではまだオペアンプが4558ですね。後で交換しました。コンデンサーもハンダ付けしちゃってありますが、これも後でソケット式にして交換できるようにしました。

phase5.jpg

使ってないケースにとりあえず組み込み。後々色々と改造したいんで、とりあえず新しいケースは使いませんでした。

サウンドサンプル
①フィルムコンデンサーに0.033μを使った場合
http://www7a.biglobe.ne.jp/~soulpower/sample/333.mp3
②フィルムコンデンサーに0.039μを使った場合
http://www7a.biglobe.ne.jp/~soulpower/sample/393.mp3

①と②では山になったり谷になったりする周波数が違っていて、①の方が少し高い帯域、②の方が低めの帯域で変化してます。

e_02.gif 読んだら押してね!ブログランキング♪

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。