ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


え~最近モディファイものの記事をあまり載せてませんでしたが、やってなかったワケではございませんよ。同じ機種のものばっかりだと記事にするのはどうかな~なんて思ってましてね。決して面倒クサいとか、オナニーしすぎで手が痛いからとかそういうことはありませんよ。ホントですよ。AVチャンネルも解約しましたし。
AV解約したっつっても、ヨメにバレたワケじゃゴザイマせん。ポーカーフェイスですからね、秘密はナニも漏らしません。漏れるっつったらウンコロリぐらいなもんでゴザイマす。

さてさてそんでモディファイの話なんすけどね。
夏川りみさんのギタリストでおなじみ、知念さんからのリクエストに応えたヤツをご紹介。
aPC090161.jpg

結構勘違いされてる方多いかと思うんすけど、オイラBOSSって結構好きなんですよ。
好きだからイジわるしたくなっちゃう感じ?
ま、オイラ的にはイジわるされたいタイプなんだけどね。

秋葉原に行くとメイドさんがティッシュ配りながら
「行ってらっしゃいませ、ご主人様~」
なんて言ってマスが、オイラ的にはどっちかっつーと
「あたしのティッシュ受け取らないつもり?」
みたいな感じがあったら嬉しいんですが。すぐ使いますな。

脱線脱線。
ごめんなさい、知念さん。下品な話題ばっかで。
あれだけは許して下さい。
水責めだけは許して下さい。

さてそれでですよ。
aPC090163.jpg
ギョエー
ボスだらけ~
これは知念さんとオイラはボスから表彰されてもいいんじゃないですかッ!?
ボスへの愛の結晶ですよ。

以下知念さんのコメントでっす。
-------------------------------------------------------------
なんて最高のルックスなんでしょうか(笑)!!!
パワーサプライとチューナーがBOSSで無いのがちょっと残念では
ありますが、エフェクターボード(ARMOR/PS-2)に見事にキッチリと
収まりました!!
(※知念さんの所にはTU-2 modも行ってます。)

接続は ギター→CS-1→FV-300(LOOPでSD-1→BD-2→PH-1→TR-2→CE-3)
→DD-5→アンプ
とういう順番です。FV-300のチューナーアウトからチューナー
(Sonic Research/ST-200)につながってます。
パワーサプライは「Micro DC Station」がチューナーの下になんとか収まりました。

今回のモディファイ、もちろん全部素晴らしく、
全部レビューすると大変な長文になってしまうので選抜します。

特に気に入ってるのがボリュームペダルです。
LOOPに入っている5つのエフェクターをオフにして、LOOPをON/OFFしてみると予想以上に音量(音質も?)が落ちているのがハッキリと分かります。
そこで内蔵してもらったバッファーをONにして修正します。
今回のセットを組み込むときに、別のループセレクターにこのセットを
はさんで、バイパス音がアンプ直結の音量/音色に近づくように、先頭のバッ
ファーとFV-300のバッファーとで調整してあります。
とてもエフェクターが8個!も直列でつながっている音とは思えないバ
イパス音です!!
レコーディングの時等、ほとんどエフェクターを使わない音色の場合は
ループをOFFにして、さらに良い音(精神的にも良い)にする事も簡単にできるのが素晴らし
いですね。
(この場合はFV-300のバッファーもスイッチでoff)

ちょっと受け狙い的なノリで思いついた企画ですが、想像以上の大成功
です!早速、レコーディング現場では大活躍で、ミュージシャンやエンジニア達にも
全てBOSSというコンセプト、音、ルックス共に非常に受けまくってます(笑)

----------------------------------------------------------------------------
以上コメント抜粋

ウチで作ってるバッファー・ブースターの「Entrada」がこのボリュームペダルに組み込んであるんですが、このペダルの開発でアドバイスを下さったのが知念さんでした。ありがとうございます。
じゃ、細かい仕様とか説明しておきましょうか。

CS-1
これは本体についてはライトチューンしかしてません。
バッファーのEntradaと同等のバッファを組み込んであって、元々ついてるトグルスイッチを利用してオンオフするようになってます。

PH-1r
スピードとデプスのコントロールをもう一系統ボディサイドに取り付けてあります。機械式フットスイッチでチャンネル切り替えができるようになってまして、あとはそれぞれのチャンネルにより深くかかるモード切替トグルスイッチがついております。

TR-2
PH-1rと同様、スピードデプスの2つのコントロールをボディサイドにつけてあります。
まぁただ、考え方にもよるんですが、TR-2を2台買った方が安いです(笑)

CE-3
今回一番ドツボにはまったペダルでしたね~(泣)
基本的には上の2機種と同様、トップとサイドの2系統なんですが、サイドはコーラス、トップはビブラートとなっております。んで、センターに一つ不要になったポット用の穴があいたんで、そこにLEDで揺れの周期を表示するカラータイマーを装着。電源を投入した瞬間から赤の点滅ですから、ウルトラマンとしては早くスペシウム光線を放って帰りたい気持ちになりますな。

FV-300
ループセレクター装備(てっぺんのフットスイッチで切り替え)がついてます。そいから知念さんのコメントにもありますが、バッファーのEntradaを内臓してます。

下の3つはおなじみのヤツですね。
SD-1 from Hell
BD-2 el Diablo(特別仕様)
DD-5 Hell's Angel
となってます。

やーそれにしても壮観壮観!
aPC090164.jpg
こんだけポッチがついてると、ついつい押してみたくなっちゃいますね!
おっとそこのお嬢さん、あなたのポッチ押させて下さいッ!!
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。