ADMIN TITLE LIST
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




え~、こういうブログやってますと、「改造してくれませんか?」という問い合わせを頂くことが時々あります。今回はお問い合わせ頂いたI様のSD-1が生贄でございます(笑)

Iさんから受け取ったSD-1、裏面を見ると「Made in Taiwan」の文字が。日本製と台湾製と、どんな風に違うんだろう?って思って、とりあえず音出ししてみます。

あれ?
なんかいい艶してるぞ!?
なんだ、台湾製、バカにできないぞ、おい!

と思っておもむろにケース裏蓋を開けてみると…
sd1i_inside.jpg

あ~、やっぱりね!既にいくつかモディファイされてるじゃぁありませんか!オペアンプは艶アリだし、イン・アウトケーブルは単線を使ってるし、コンデンサにはファインゴールドですよ。なるほどー。


sd1i_4558.jpg

ん?なんでしょ、この頑固そうなコンデンサは?多分メタライズドポリエステルとかなんでしょうけど、元々電解コン1μがついてるとこに入ってますね。電解コンだと高域が抜けないからでしょうか?でもこのサイズのフィルムコン見つけるのってなかなか大変じゃないですか?

sd1i_max.jpg

さて、そいじゃサクサクっと進めましょうか。Iさんからの依頼は回路の昇圧化。そこでおなじみMax1044を使って昇圧回路を組みました。小さいコンデンサでもよかったんですが、このサイズでもスペースには余裕がありますからね。

sd1i_cap.jpg

昇圧化にあわせて電源部の電解コンの耐圧を高いものに交換しておきましょう。今回は耐圧25ボルトのものにしてあります。ここにも頑固コンがいますねぇ。それにしても四角い。

sd1i_cap2.jpg

それから帯域切替スイッチをつけて低域を引き出すようにしますが、低域レスポンス高めるために、コンデンサをいくつか交換しておきます。
sd1i_cap3.jpg

交換後がこちら。容量を若干オリジナルから変更しています。
AVXのメタライズドポリエステル、ニチコンのMUSE。おなじみですね。

sd1i_freqsw.jpg

で、帯域切替のスイッチなんですが、今回はIさんから「ノブ下につけられますか?」ってコトだったんで、頑張ってみましたよ(泣)ノブ下はボリュームポットとの兼ね合いから、かなりスペース的に苦しくて、どうでしょう、上下1ミリくらいしか隙間ないかも~。とゆーわけで、スイッチにつけるコンデンサはこんなことになってます。
がんばればできるじゃん、俺!


sd1i_clipd.jpg

クリップ用のダイオードは基板から取り外して、別に移しました。あとでスイッチ切り替えでクリップなしも選べるようにするためです。

sd1i_clipsw.jpg

クリップ切り替え用スイッチもスペース的に厳しいんで、こんな風に縦に伸ばしてます。片側はオリジナルのクリップ、反対側はクリップなしになるんですが、SD-1はクリップさせないと非常に発振しやすくなってしまうので、ダイオードの代わりにマイカコンデンサ22ピコファラドをカマしてやります。

sd1i_resist.jpg

本体基板に取り付け。そうそう、ついでなんですが、SD-1はアダプター使った場合、電池に比べ一つ余分な抵抗を通るため、電池で鳴らした場合とは音が変わります。なんで、その余分な抵抗を取ってしまいましょう。ダイオード下、8番の抵抗です。とった後はジャンパーで繋いでおきます。

sd1i_case.jpg

でもって、穴あけ。なんだかんだいって、コレが一番緊張しますわ。失敗したら取り返しがつきませんからねぇ。回路ならどうとでもなるんだけど、ケースは「どうとでもなれ!」ぐらいの勢いがないと、最初のドリルがかけられません。今回は無事に貫通です。

sd1i_sw.jpg

その穴に、ブっこみましょう。
ごめんなさいね、エロいんですよ。
あきらめてください。
ちなみにせまくてキツキツでした(笑)

sd1i_mod.jpg

さぁ、完成!いざ音出しチェック!
…出ません。
コレはチョップしなきゃダメかぁ?
いやいや、人の頼まれ物なんだから。
ケースを開けてみると、やっぱりスイッチのトコでショートしてました。微調整して触らないようにしてやると、ようやく音が出てきました。

sd1i_mod2.jpg

スイッチはリクエストに応えてこの位置に設置です。左がクリップあり・なし、右が帯域のチェンジです。

sd1i_steck.jpg

ネットショップオープンに向けて、宣伝しとかなきゃ!とゆ~わけで、誠に勝手ながらシール貼っちゃった(笑)Iさんゴメンね~!気に入らなけりゃ、はがして捨てて下さい!

サウンドサンプル

受け取った直後の元の音
17ボルトに昇圧
昇圧+低域強調モード
昇圧+クリップなしモード
昇圧+クリップなし+低域強調モード


e_02.gif 読んだら押してね!ブログランキング♪

スポンサーサイト


頑固そうなコンデンサ→これってanalogmanのモディファイのものも同じように変更している写真を見たことがあります。
【2007/04/14 16:36】 URL | taka #L.ASrbTM[ 編集]
takaさんこんにちは。
確かにキーリーの5star Ge modのSD-1はこの
頑固ちゃんに交換されてますね~。電解コンの高域の
性能の悪さをカバーするために、メタライズドポリエステルに
交換しているみたいです。キーリーのヤツがハイファイに
聴こえるのはこの辺がポイントなのかもしれませんね。
【2007/04/16 08:39】 URL | さいとう #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 soulpower, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。